ザ・グランデュオ用賀

THE GRANDUO

YOGA

ザ・グランデュオ用賀

長さ50mの敷地形状を生かした、距離感をテーマとした建物

販売前

scroll

長さ50mの敷地形状を生かした、距離感をテーマとした建物

THE GRANDUO

YOGA

ザ・グランデュオ用賀

販売前

一棟RCマンション

所在地: 東京都世田谷区用賀1-17Google MAP

※掲載されている情報は変更にな
る可能性があります。

2025.09.30完成予定

進捗度41

  • 設計中
  • 施工中
  • 完成

UPDATED INFO.

  • 2024.06.07ザ・グランデュオ用賀のプロジェクトページを公開しました

設計のこだわり

コンテクストの読み取り

50M (奥行50mの敷地を活かしたデザイン)

奥行50m幅12mの細長い敷地特性を活かし、長さや距離感をテーマにしてデザインすることで、この場所にしかない建物としました。敷地形状に合せて、長さ46m厚さ900mmのコンクリートスラブをシンプルに6枚重ねる事で建物を構成しています。車路と歩道を兼ねる長さ50mの通路をメインエントランスとすることで、敷地特性を活かした奥行のあるデザインとしつつ、ライン照明や板張りの軒天によって、より軸線や長さを強調したデザインとなります。長さ50mのコンクリートの荒々しいイメージと軒天を板張りとすることによるサスティナブルなイメージの対比によって違和感と調和をデザインしています。

距離感を表現した2つのデザインアプローチ

距離感の表現として「長さ」と「奥性」をテーマに、それぞれ2つの基準プランを提案しました。細長い敷地の特性をシンプルに生かした「長さ」をテーマとした直線的プランと「奥性」をテーマとして視覚的・動線的に各室を有機的に連続させたプランの2つの基準階を用意しています。

デザインコンセプト

「長さ」をより際立たせ空間デザイン

LDKを直線的に連続させ長さ12.5mの空間を実現しました。キッチンとダイニングテーブルを一体化することでより長さを強調したデザインとしつつ、リビングとダイニングに350mmの段差を設けることでシンプルでありながらも単調なデザインにならない工夫をしています。近隣からの見合い対策としてのECP製の縦ルーバーもより長さを強調します。

「奥性」のある空間デザイン

リビング・ダイニング・ギャラリー・アウトドアリビング・坪庭を有機的に連続させることで「奥性」のある空間を生み出しています。内外の各空間を段差やガラス越しに連続させることで、次の空間が楽しみになるシーケンシャル豊かな空間としました。室内と等価に外部空間を配置することで、生活をする中で日常的に光や風を感じれられる空間としています。

デザインコンセプト

ペントハウスの付加価値の創造

ペントハウスは単なる最上階ではなく、この建物において最も特別で希少性の高い豊かな空間です。ペントハウスをメゾネットにして屋上庭園を設けることで、特別で最も豊かな空間としています。メゾネットであることで「長さ」と「奥性」に加え「高さ」という3つの距離感のテーマを取り込んだプランとしました。

「奥性・長さ・高さ」を「和」のデザインでまとめる

LDKを直線的に連続させることで「長さ」を強調しつつ、ギャラリー・茶室・日本庭園・アウトドアリビングを有機的に連続させることでシーケンシャルで「奥性」を共存した空間としました。二層メゾネットとしつつ高度斜線によって切り取られる斜めの空間を生かした吹抜けをつくることで「高さ」を表現した印象的な空間としました。吹抜けの空間に沿って日本庭園を配置することで、板張り勾配屋根の軒先によって切り取られる印象的なシーンを生み出しています。勾配屋根・和室・縁側・縦格子といった和の要素を取り込むことで、さまざまな距離感を表現した他に類を見ない空間を創り出しました。

 

計画地

周辺施設

買い物・飲食店

  • ファミリーマート 用賀の杜店 徒歩約4分
  • コジマ×ビックカメラ 用賀店 徒歩約7分
  •  まいばすけっと上野毛4丁目店 徒歩約8分
  • 玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド 徒歩約18分

レジャー・施設

  • セントラルフィットネスクラブ用賀 徒歩約7分
  • 長谷川町子美術館 徒歩約14分
  • Aqua sports & spa 徒歩約14分
  • 玉川中学校温水プール 徒歩14分

その他

  • 佐川急便(株) 世田谷用賀営業所 徒歩約4分
  • 世田谷区立玉川台図書館 徒歩約6分
  • 用賀駅前郵便局 徒歩10分

物件概要

  • 物件名ザ・グランデュオ用賀
  • 所在地東京都世田谷区用賀1-17
  • 敷地面積625.74㎡
  • 土地権利所有権
  • 用途地域第一種住居地域/準住居地域
  • 指定建ぺい率60%
  • 指定容積率200%/300%
  • 接道南側8.10m
  • 高度地区19m第二種高度地区/45m種三種高度地区
  • 防火地域準防火地域/防火地域
  • 構造・規模鉄筋コンクリート造 地上6階建
  • 延床面積1,924.74 ㎡
  • 貸床面積1,370.49㎡
  • 用途共同住宅
  • 竣工年月2025年9月30日予定
  • 総戸数8戸
  • 建築確認番号-

ウェルビーイング

緑化・自然共生

BIOPHILIC DESIGN

緑化・自然共生

自然とのつながりを大切にし、育む。緑を感じる住空間に。

バルコニーや屋上庭園の緑化、アウトドアリビングなど光や風・緑を感じれる空間を用意しています。軒天に自然素材を使い、建物外周も積極的に緑化することで環境共生型のデザインとしました。

安心・安全

SAFE & SECURE

安心・安全

万一の災害にも備える。安心して日々の暮らしを送るために。

各階2住戸とし、双方向ELVを採用することで、各住戸専用のELVホールとし、モニター付のELVとすることでプライバシーと安全性を高くしています。各階に自転車置場を配置することで自転車の盗難防止性も高まります。

多様なライフスタイル

DIVERSE LIFESTYLES

多様なライフスタイル

時代とともにライフスタイルは多様化。 柔軟な空間性能を。

各室や外部空間が有機的に連続することで、様々な空間の使い方ができます。各住戸1台づつ用意された駐車場やすべての部屋が3LDK以上の間取りとしていることで子供の多いファミリーからDNKSまで様々な家族像に対応可能です。

アートのある暮らし

LIVING WITH ART

アートのある暮らし

日常的にアートに触れることで感度向上。若者の夢の実現のサポートも。

かっこよくアートを配置できるギャラリー空間をあらかじめ設定し、スポットライトやピクチャーレールを設置することで、生活の中に自然とアートを取り込める空間をデザインしました。

ARCHITECT

設計

小川達也

Tatsuya Ogawa

16アーキテクツ

長さ50mの敷地形状を生かした、距離感をテーマとした建物

建築設計とは敷地条件を読み込み、クライアントの期待に応える品質を革新的なアプローチで提案することだと考えます。敷地条件やアプローチが持つ希少性を見極めつつ、これからの時代が求める革新性と併せてプロジェクトを円滑にランディングさせることだと考えます。TGD用賀においては「距離感」テーマにして空間を構築し、「和」の要素で全体をまとめることで希少性と革新性をそなえたデザインとしています。

16アーキテクツ

長さ50mの敷地形状を生かした、距離感をテーマとした建物

建築設計とは敷地条件を読み込み、クライアントの期待に応える品質を革新的なアプローチで提案することだと考えます。敷地条件やアプローチが持つ希少性を見極めつつ、これからの時代が求める革新性と併せてプロジェクトを円滑にランディングさせることだと考えます。TGD用賀においては「距離感」テーマにして空間を構築し、「和」の要素で全体をまとめることで希少性と革新性をそなえたデザインとしています。

お問い合わせ

Leave this empty:

必須お問い合わせ内容
必須お名前
必須フリガナ
任意郵便番号
必須都道府県
必須市区町村
必須番地・建物名
必須電話番号
必須メールアドレス
必須個人情報の取り扱いに
同意する

個人情報の取扱いについて
本フォームからお客様が記入・登録された個人情報は、資料送付・電子メール送信・電話連絡などの目的で利用・保管し、第三者に開示・提供することはありません。
詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

設計のこだわり 計画地 周辺施設 物件概要 ウェルビーイング お問い合わせ

CONTACT US

フェイスネットワークではお客様のニーズに合わせたご相談の窓口をご用意しています。
お気軽にご相談・お問い合わせください。